【凍結】水道管、給湯器の凍結予防方法・もし凍結したら 秋田市の分譲住宅、土地、中古住宅の売買、仲介はローヤル不動産へ

おしらせ

気温何℃で凍結するのか

水道管の凍結は-4℃以下

水道管の凍結は外気温が-4℃以下になったときです。

給湯器の凍結は、外気温が-15℃度以下と言われていますが、給湯器には凍結を予防するために自動でポンプ内をあたためる運転機能が備わっています。

風の強い日や寒さが続く日は要注意!

上記の気温以上の日でも風が強い日や、風がよく当たる場所の場合は凍結の恐れがあります。

建物の影になり日の当たらない場所や、水道管がむき出しになっている場所も凍結の恐れがあります。

氷点下の日が連続して続く場合も、水道管の中は凍りやすい状況になっていますのでお気をつけください。

給湯器の場合、ブレーカーを落としていたりコンセントが抜けているなど、給湯器の電源が入っていないと自動ポンプが作動せず凍結してしまうことがあります。

【凍結まとめ】

・水道管凍結の目安は「-4℃」、給湯器は「-15℃」

・風がよく当たる場所、風が強い日は「-4℃以上でも注意」

・氷点下の日が続く場合も凍結の恐れあり

・給湯器の電源が入っていないと凍結してしまうことがある

 

凍結を予防するには

水道管の凍結予防

水抜きをする

水抜き栓の場合
札幌市水道局「水抜きの方法(アパート編)」

こちらは札幌市が提供している水抜きの方法の動画です。

水を出した状態で、水抜き栓のハンドルを完全に閉めます。ハンドルはに止まるまで回します。

開閉が不完全だと凍結や破損の原因となります。漏水の原因にもなり水道料金が高くなります。操作は確実に行なってください。

栓を締めても水が出たり、故障がある場合は弊社までご連絡ください。

電動式水抜栓(自動・手動)の場合

【リンク】参考:らいらっく

画像は電源オフの状態です。

水道管水抜き方法 凍結防止 破裂防止 秋田の不動産のことなら、ローヤル不動産にお任せください。

左上の電動式水抜栓の電源をオンにして、「通水」ランプが点灯していることを確認します。

水を出した状態で「」ボタンを一回押します。

しばらくすると「水抜き」ランプの点灯に変わります。これで水抜きの完了です。

もしランプが点灯しなかったり、異常がある場合は弊社までご連絡ください。

空き家やアパートの空室も水抜きを!

例年、長期間使用していない空き家アパート空室での水道管破裂が増えております。

階下まで漏水し被害が大きくなる場合もありますのでご注意ください。

空き家やアパートの空き部屋も水抜きをお忘れなく!

 

給湯器の凍結予防

以下に主なメーカーのURLと予防方法を記載しております。詳しくは、ご利用中の機器の説明書に沿って操作してください。

給湯器の電源は切らない

【リンク】ガス リンナイ

【リンク】エコキュート・オール電化など コロナ 

外気温が下がると、自動的に機器を保温するヒーターが作動し、自動で水を循環させることで給湯器が凍結を防止する機能があります(自動ポンプ運転)。これにより凍結を防ぎます。

正常に自動ポンプ運転を作動させるため、給湯器の電源は切らないでください

浴槽に湯を張る(浴槽を空にしない)

浴槽にある「循環口(お湯はりをするときにお湯が出てくる場所)」より5~10cm上までお湯を張ってください。または入浴した後、残り湯を捨てずに残してください。

自動ポンプ運転により給湯器と浴槽を循環している配管の凍結防止効果があります。

通水による凍結予防

【リンク】ガス リンナイ 通水

【リンク】エコキュート・オール電化など コロナ 

特に寒さが厳しいときは、細く水を出し続け、通水により凍結を予防することが出来ます。

機種やメーカーにより、通水時の温度設定や方法が異なりますので取扱説明書をご確認ください。

大寒波の予報、長く家を空けるときは【給湯器の水抜き】を

旅行や帰省などでしばらく留守にする場合、または厳しい寒さの予報が出たときは給湯器を水抜きして予防をしてください。

水抜きの方法は慣れていないと複雑だと思いますので、必ず取扱説明書をご確認ください。

 

もし凍結してしまったら

【絶対NG】熱湯はかけないで!

凍結してしまった場合、早く溶かそうとして「熱湯」をかけることは絶対やめてください!

水道管や給湯器の配管が破裂してしまいます!

破裂した場合、復旧作業に日数がかかり、その間お湯や水が全く使えなくなります!

冬季は業者も同じような復旧作業が複数あるため、いつ作業に来れるか見通しが立たないことがとても多いです!!

凍結しても熱湯をかける行為は行わないでください!

気温が上昇し、自然解凍するまで待つ

部屋全体を暖かくし、ヘアードライヤーの熱風をかけてゆっくりと解凍させます。

給湯器が凍結してしまった場合は、給湯器のリモコンをオフにし、自然に解凍するまでお待ちください。

布を巻いてゆっくりぬるま湯をかける

水道管が凍ってしまった場合、凍ってしまった部分にぬるま湯をかけて解凍させます。

給湯器の場合は「給湯配管にお湯をかけて解凍をすることは、配管やバルブの破損の原因となりますので、おすすめいたしません。」と記載があるため、お湯はかけない方がいいでしょう。

凍結予防が大切!

寒い秋田の冬、水道管や給湯器が凍結してしまうとお湯や水が使えず不便な思いをしてしまいます。

凍結させないことが一番です。

もし凍結してしまっても、無理やり熱湯をかけて解凍しようとすると、水道管が破裂して自然解凍を待つよりも長い期間水が使えなくなるかもしれません。

しっかりと凍結予防を行い、冬を快適にお過ごしください。

 

 

【参照】

リンナイ https://rinnai.jp/rinnai_life/topics/freeze/

凍結による給湯器の破損・故障にご注意ください
リンナイ株式会社が、給湯器の凍結予防策について紹介しています。

コロナ https://www.corona.co.jp/other/post_2.html

tenki.com https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2023/01/24/21553.html

NHK https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/312832.html

秋田市水道局 https://www.city.akita.lg.jp/suido/okyakusama/1008173/1008304.html

タイトルとURLをコピーしました