寒い日に気を付けてほしいこと 秋田市の分譲住宅、土地、中古住宅の売買、仲介はローヤル不動産へ 担当安田

ブログ

みなさんこんにちは!

連休中の寒波はすごかったですね💦

お正月休み明けから水道管凍結や水漏れの問合せがとても多いです。

そもそも水道管が凍結しやすい条件というのが

・気温がマイナス4℃以下になったとき

・水道管が凍結しやすい場所にあるとき

だそうです。

先週はかなり冷え込みましたもんね(”_”)

北側に散水栓や湯沸かし器の元栓はありませんか?

家の中でも洗面所やトイレが北側にあると室温が低くなるので、

使用頻度の少ない場所は注意が必要です。

凍結を防止するためには

・配管に保温材を巻き付ける

・水抜きをする

などの方法があります。

配管の場所や水抜き用の蛇口は家屋によって場所が違うので、

夜になって気温が下がる前にしっかり確認しておきましょう。

ネットで調べてみると対策方法が色々と出てきますよ。

また、水道管が凍ってしまってからの対処もとても大切です。

慌てて熱湯をかけてしまう方がいらっしゃるかと思いますが、

そうすると温度差によって破裂してしまう可能性があります。

ドライヤーやカイロを当ててみたり、

暖房をつけて部屋を暖め、ゆっくりと氷を溶かしていくのがポイントです。

寒い時期はまだまだ続きます。

天気の動きを確認し、しっかり予防して水道管の凍結を防ぎましょう!

タイトルとURLをコピーしました